つわりがひどい時は…

MENU

つわりの原因はよくわからない…上手に気分転換を

妊娠初期に「hCGホルモンの値が高いとつわりが重くなる」とされていますが、本当のところはつわりがなぜ起こるのか、その原因はよくわかっていません。

 

つわりには、精神的な不安が影響します。
たとえば、子どもが欲しくなかったのに妊娠した時や、夫とうまくいっていない場合など。

 

つわりで苦しいのに、家族の理解や協力が得られないときなどの精神的なストレスがあると、つわりが重くなることもあります。

 

上の子どもがいる場合は、そのお世話で気がまぎれて、つわりを軽く感じることもありますし、反対にお世話で疲れて重くなる、こともあります。

 

日中、仕事をしている時には平気でも、帰宅したとたんにトイレに何度も駆け込むくらいに具合が悪くなる人もいます。

 

ストレスが大きいと、つわりは悪化する傾向もありますから、じょうずに気分転換をする工夫をしたいものです。

 

赤ちゃんが生まれてきてからの生活を考えたりして、気持ちをできるだけ前向きにもっていくようにするとラクになります。

 

ちなみに私は、新生児の靴下を買ってきて、クリスマスの靴下のようにぶら下げて、いつも目にはいるところに、オーナメントとして飾ってました。

 

つらくても、乗り越えようという気持ちになれましたヨ。

 

気分がすぐれないと、家にこもりがちになりますが、外の空気を吸うだけでも、気持ちがスッキリすることもあります。散歩や買い物などで、つわりと距離をおく時間も大事だと思います。

 

このサイトでは、つわりに関する疑問とミニ知識をまとめました。